2003年3月30日(日)、冬を引きずりながらもほんのり春の香りがする芦ノ湖でやってきました53Pick Up!
去年の夏の陣からスタートして、まだ2回目の開催です。

ホントは本家のW.B.Sさんの霞ヶ浦に合わせて2月23日にやりたかったのですが、その時期は箱根は寒いし禁漁ですしね。ちょっとでも竿を振れればみんな喜んで来てくれるかなぁと思ったのですが、朝から釣りしてた参加者は少なかったですね〜。

この時期の芦ノ湖はバスよりもトラウトが盛んな時期。
何やら今年は例年になく釣れないとか。釣れないというのは語弊がありますね。
数はいっぱい釣れないけども、釣れると超グッドコンディションのヒレピンなトラウトが釣れるとか!
秘密はここ4〜5年の芦ノ湖の水質にあります。
箱根町の下水の普及により、水質はどんどん良くなって透明度が増し、ウィードの生育も良好とか。湖水が無酸素状態になる水深もどんどん深くなり、水温が変わるサーモクラインが深いんですって。つまりは魚が棲みやすい水深がどんどん深くなってきて、どこにも住みやすくて散っちゃった分、釣りにくくなったんですね。
釣れないんじゃなくて、「釣るのが難しい」ということですね。
それだけ釣り場としてのクオリティーが高いのですから、今年も引きの強い綺麗な芦ノ湖バスに会えるのかと思うとワクワクします。

話を53Pick Up! に戻します。
この日、参加者は全部で23名。FB's SocietyメンバーのほかにW.B.Sネットメンバーの方から4名も応援に来て下さいました。
夏に引き続きご後援頂いた芦之湖漁業協同組合さんのご厚意で、今回は芦ノ湖53PickUp!特別企画でわかさぎ採卵場を見学させて頂きました。なので今回のクリーンナップエリアは、元箱根湾岸からその試験場のある湖の東岸成蹊付近までとなりました。

みなさんが持っている芦ノ湖のイメージって、ゴミが少ない湖ですよね?
それだけ漁協さんや観光関係の方々を含む町全体のたゆまぬ努力があるからでしょう。夏の時と同様、僕らもどれだけ拾えるかな〜と心配しながらスタートしました。

歩道などはやっぱりたばこの吸い殻くらいしか無いんですよね。
でも湖岸の岩場で、おかっぱりができそうな隙間にはあるわあるわ。特にラインですね。釣りができるところにはちゃ〜んとありました。
折れたロッドをそのまま放置とか、仕掛けの袋とか。
一升瓶は酔っぱらいアングラーか?はたまた去年のお花見客か?
朝の心配をよそに、い〜っぱいゴミが集まりましたよ。

わかさぎ採卵場に着いてちょっと休憩したあと、芦之湖漁協事務局長の橘川さんが採卵場の中を案内して下さいました。
この採卵場は他からはなかなか買えない魚種、ブラウントラウト、ヒメマス、ワカサギを飼育しているそうです。
特にワカサギは芦之湖漁協さん独自の採卵・孵化方法を用いており、通常の孵化率が50数%のところが芦ノ湖では90%以上とか!(スゴイ!)

簡単に説明すると、普通はワカサギの雌雄親のお腹から押し出して卵子と精子を採るのだそうですが、芦ノ湖式は大きな水槽に雌雄分けることなく入れられ、夜に自然と親から出された卵子と精子を翌朝回収し、今度は芦ノ湖独自の孵化用の水槽に移し、孵化させています。
その孵化用の水槽に入っている小さな小さなワカサギの稚魚を見て、参加者一同、感激の「おおおお!」
そのワカサギが自然にパイプを伝って芦ノ湖に戻されているシステムを見て、参加者は再び感激の「おおおお!」
その他、ブラウンの1年魚、2年魚、そしてヒメマスの稚魚の水槽も見せて頂き、とても貴重な体験をさせて頂きましたよ。


▲これがそのワカサギの卵です。   ▲この中で孵化するんですよ。


▲この中にはブラウンの1年魚がいました。  ▲お魚の供養のための石碑です。

採卵場から箱根湾にある漁協事務所前に戻って、昼食休憩を取った後は恒例の景品争奪じゃんけん大会!

今回協賛してくださったショップは、川崎市中原区にあるフィールドショップ・ナカハラさん、東京都町田市にあるサンスイ町田店さん、そしてFB's Societyの活動をいつも陰ながら支えて頂いている長野のアウトドアステーション・バンバンさんに景品を協賛していただきました。メーカーさんではスミスさんがルアーなどを、SHIMANOさんが琵琶湖のヨシで作った素敵なペンケースを全員分用意して下さいました。本当にありがとうございました。

いつもながら豪華な景品を目の前にして、白熱したじゃんけん大会を展開!
協賛頂いた景品は有意義に使わせて頂きました。
最後に芦之湖漁協さんからワカサギのお土産も戴きました(天ぷらが最高に美味しかったです)。

さて次回は夏の陣、霞ヶ浦と同じく8/10を予定しております。
夏も楽しいイベントを企画中ですので、お近くの方は是非、芦ノ湖に遊びに来て下さいね。


清水國明さんの釣戦記お買い上げありがとうございます! ▲お土産に戴いたワカサギです。天ぷら最高!

みなさんお疲れさまでした!

(レポート作成:FB's Society 佐藤元章)


…後援…

芦之湖漁業協同組合

…協賛…

フィールドショップNAKAHARA様(川崎市中原区)

SANSUI町田店様(東京町田)

アウトドアステーション・バンバン(長野県)

SHIMANO



"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002