W.B.S.クリーンアップキャンペーン
2004 千曲川 53 Pick Up! 夏の陣

8月22日、千曲川流域小布施ワンド・支流の篠井川にて「千曲川53Pick up!夏の陣」が開催されました。
開催から今回までで通算5回目の53Pick up!になりましたが、今回は前回まで千曲川53Pick up!の責任者だったFB's Society長野代表 安武から山崎・平田に引き継がれての開催となり、二人で力を合わせて準備・運営を行いました。
下見をした所、河川であるが故の流れてきたゴミや風で飛ばされてきたゴミが相変わらず大量にあったので、毎度ながらオドロキ!!
さて、53Pick up!当日は、小雨が時折降るあいにくの天気でしたが、26名の方に参加いただきました。
こちらでワンド内と篠井川の双手に別けさせていただき、1時間後に集合という事で早速53up開始!
ワンド内ではこの時期、背丈以上の草がたくさん生い茂っている為、さほどゴミがないように見えるのですが、「釣り場をきれいにしたい!」という皆様のパワーは凄いですね。「どこにあったの?」と思ってしまう程、多くのゴミを集めていただきました。もちろん篠井川に行っていただいた皆様にも大量のゴミを集めていただきました。参加者の中にはとりづらいゴミを一生懸命拾った為か、ズボンを泥だらけにしている方もいました。ホント、改めて皆様の「釣り場をきれいにしたい」という気持ちを強く感じました。

集めたゴミは、今回も後援をいただいた小布施町からの指定ゴミ袋にそれぞれ分別しました。その数38袋!&粗大ゴミ少々。
ほとんどが不法投棄や流れてきたり風で飛ばされてきたと思われるゴミでしたが、やはり釣りのゴミも少々・・・。
さて、ゴミ拾いの後は皆様お待ちかねの恒例協賛品オークション&ジャンケン大会で盛り上がりました。司会進行をした平田君の笑顔も手伝ったような気がしたのは僕だけでしょうか(笑)
イベントも終わりその後、後援いただきました千曲川漁業組合の勝山組合長様より釣りマナーと河川のゴミ問題についてのお話をいただき、続いて日本釣振興会長野県支部の中沢様よりご挨拶をいただきました。

今回、不慣れで見苦しい点も多々あったと思いますが、FB's長野メンバーの皆様や、協賛・協力をいただきました「アウトドアーステーション・VANVAN様」「SUN's CLUB様」「CK SHOP様」「小山釣具店様」「かめや釣具店様」「M天龍様」「MSMITH LTD. 様」「MSHIMANO様」「Mがまかつ様」「P道楽様」「MSUNLINE様」、後援をいただきました「小布施町様」「千曲川漁業組合様」「日本釣振興会長野県支部様」のおかげで無事に「千曲川53Pick up!夏の陣」を終了する事ができました。
一緒に運営をしてくれた平田君、司会進行ご苦労様でした。
参加者いただきました皆様、本当にありがとうございました。心より感謝します!

報告: 山崎 秀幸(FB's Society長野) 



参加者の声

私と53upの出会いは、昨年7月、釣具屋さんにあったチラシでした。ゴミを拾うのに参加費を支払いますが、運営上必要と思っていたので、気になりませんでした。
釣り場のゴミは全て釣り人の仕業にされてしまいます。そうならないために釣人が中心になってゴミ拾いをすれば、周りの見る目が変わってくると思いました。
実際拾ってみると確かに釣り人のゴミもありますが、釣り人以外の人が捨てたと思われるゴミや不法投棄されたゴミがかなり多くありました。昨年は友達2人と参加しましたが、今年は1人でも増やせればと思い、職場の理解のある人に声をかけ、チラシを渡しました。一番の目的は、バス釣りの有志でゴミ拾いをしていることを知ってもらうことなので、参加するしないは個人の自由ですので、強制はしませんでした。中には、「ゴミを拾うのに何で参加費を取られるのか不思議。」と言う人もいましたが、最終的に3人が1か所づつ参加してくれました。参加の動機は人によって様々ですが、参加してもらえることが大事だと思います。
今後も53upには可能な限り参加していきたいと思います。   山崎敏幸