木崎湖53Pick Up! 春の陣 2003 レポート

【日 時】    03/4/20(日)12:45〜15:30
【場 所】   木 崎 湖(私 有 地 を 除 く全 域)
【参加者】   大 人 27 名    子 供 2 名

今回で2度目の開催になります53Pickup春の陣in木崎湖。
当日は生憎のドシャブリの中遠くは新潟から参加してくれた方々を含め総勢29名の参加者の多大なるご協力によりスタートしましたp(^_^)q

今回は多くの協賛、後援を頂きまして誠にありがとうございます。

当日は木崎湖を5個のエリアに分けそれぞれにリーダーを決め5人ずつのグループを作りいざ!出陣しました。

前回夏から冬を越した関係で当初はあまりゴミを想定していなかったんですが、意外や意外(>_<)拾っても、拾っても、拾い切れない状況でして、もう皆さん手分けして拾いまくりました。

やはり拾っていて1番多い物は煙草の吸殻が圧倒的!!
続いて空き缶、ペットボトルの順に多くて、持っていった収集袋の枚数では足りない所が続出してしまい、慌てて本部に袋を取りに戻って来る方もいました。
またボート屋周辺の住民からは「お疲れ様です!」と声を掛けて頂きまして、何だかゴミを拾っていくうちに段々快感すら覚えるようになってし
まいました(^_^;;
皆さんビッショリに軍手&カッパを濡らして帰ってきて分別を行った結果、ゴミ袋は可燃物、非可燃物等で全部で40袋にも達しまして、本当にありがとうございましたm(__)m

Keep 53Pick up!!

ゴミ拾い終了後は近くのレジャー施設「ゆ〜ぷる木崎湖」にて慰労会が行われました。
その中でFB'sソサエティー長野支部長である安武さんから、今の長野県内でのバスをめぐる問題に対して個人で立ち向かっていっても限度がある為に、このような仲間を募っていき如何にネットワークの重要性が大事であるか!と説明をして頂きました。

その後協賛各社から頂きました協賛品をジャンケン争奪にて開催しましたが、そこで驚いた事は今回お父さんとお手伝いしてくれたお子さん達が強〜い(>_<)
私がジャンケンをやる度に最後まで勝ち残るのは、いつもこのお二人のお子さんでして、お父さんまっつぁおでした。
幸運にもロッドを手に入れ方は岡谷からお越しのYATさんの元に渡りました。
おめでとうございました(^_^)/

またオークションも開催しまして、前回の教訓も生かし今回はAC抜きでやったところ、結構皆さんお財布固〜い。
それでも皆さんそれぞれの商品を落札して頂きまして、最後の最後まで何とか無事終了する事が出来ました。

今回は私達共々計画を練ってこの活動に取り組んできましたが、皆さんにご迷惑を掛けっぱなしで本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

至らない面が多々あったかと思いますが、この教訓を元に、また次回夏にも開催しようと思っていますので、皆さん宜しくお願いします。

ゴミを拾ってる(ましてやお金を払って)からと言って、バス問題が全て良い方向に解決出来るとは思っていません。
しかし何もしないでいるよりは、こうやって皆さんと協力し合って一つの事を地道に行動して行く事によって、いつかきっと後ろめたい気持ちも無く正々堂々とバス釣りが出来る日々が来れるように願いたいですし、木崎湖でいつまでも釣りが出来るようになってもらいたいと思っています。
去る4/22の内水面漁場管理委員会に中でC&R禁止決定と言う残念な結果になってしまいましたが、最後の最後まで皆さん力を合わせて頑張っていきましょう!!

いつの日かこのような活動をしなくて良い日まで・・・

Clean up Lake Kizaki!!

【協賛】
SHIMANO
アウトドアステーション・VANVAN
フィッシングプロショップなとり松本店
らんかぁ倶楽部
WBS
スミス

【後援】
木崎湖温泉観光協会
大町市
(順不同、敬称略)

誠にありがとうございましたm(_ _)m

みなさん冷たい雨の中、本当のお疲れさまでした!

レポート作成:信州黒鱒船団 団長
       FB's Society長野メンバー 小福隆夫



"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002