FB's Society 1周年記念寄稿
『小山田池マナーブック』

小山田池マナーブックがついに完成しました。

釣り人のマナーの問題が原因で釣り禁止の危機に瀕していた小山田池で、長野県のバサーのみなさんとFB's Society、そして日本釣振興会長野支部が、共に奮闘し、協力し合ってできた手作りのマナーブックです。

農業用潅漑用水池である小山田池。
ここで生活や農作業をされる住民の方々に、できるだけ迷惑を掛けずにこれからもずっとバスフィッシングが続けられるようにしたい。
そんな気持ちがたくさん詰まったマナーブックです。

そしてこの思いを、長野県のバスアングラーのみなさんにも共有して欲しい。

たくさんのバスアングラーの手にこの小山田池マナーブックが行き渡ったとき、長野県の釣り場からマナー問題が少しでも減っていることを私たちは願っています。
そして全国のフィールドで、そのフィールドオリジナルのマナーブックができたならば、私たちにとってきっと良い未来が待っているはず。

このマナーブックは釣り人(バスアングラー)が、自分たちの釣り場を守るために自主的に作った最初のマナーブックかもしれません。
小山田池の活動はFB's Societyの理念そのものです。

小山田池53PickUp!の責任者であり、このマナーブック作成の一番の功労者であるFB's 長野のしばたは、このマナーブックを持って小山田池水利組合の「池まつり」に参加しました。
池の土手に茣蓙を敷き、小山田池から恩恵を受ける老若男女が集い、そして池への感謝の気持ちを込めて宴を行い、池を祭る。ここでは池は神であるのです。
この地での池の存在意義、「重み」を知り、そしてこの池でマナーを守りながら釣りをすることの「重大性」についても知ることができました。

そのフィールドに関わる地元の方々との話し合いの中で、健全なバスフィシングスタイルを模索する。
バスフィッシングの未来はバスアングラーの手で。

「THE FUTURE OF BASSING」
バスフィシングの未来を考えよう。

この合い言葉で仲間が集い、サイトを立ち上げて一年。
FB's Societyはこれからも健全なバスフィシングスタイルを模索していきます。

※このマナーブックは長野県内のショップ・釣具店各店で無料配布しております。是非、お手にとってご覧になってみてください。
見本はここからダウンロードできます。

小山田池マナーブック見本(PDF形式,2MB)

FB's Society 佐藤 元章
<関連ページ>
小山田池レポート
FB's 53PickUp! 小山田池 in 春の陣レポート

"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002