釣り禁止を防ぐのは、私たちのマナーです
─長野県小山田池事例に学ぶ─

勇気ある長野メンバーから、嬉しい報告です
長野のバサーがみんなである一つの釣り場を守りました。
今は大人になって野尻湖でエンジン船を駆るバサーも、プロのゼッケンを付けているバサーも、バス釣りにはまったばかりのバサーも、子供ができてその子と一緒にバス釣りをしているバサーも、そして地元の子供たちも、長野のみんなが愛してやまない「小山田池」。しかし残念なことに長年の間、この池で釣り人のマナーの悪さが問題になっていました。そしてつい先日、ある事件がきっかけでついに釣り禁止措置の警告を受けました。
地元バサーであり、FB'sメンバーでもあるしばたさんと安武さんが、地元のバサーのみなさん、地元釣具店、日本釣振興会長野県支部(以下日釣振長野支部)のご協力を得ながら、釣り禁止措置の危機を乗り越えました。
このレポートは、そんな彼らの小山田池とバスフィッシングに対する熱い思いを綴ったものです。

いまだ無くなることのないバサーのマナー問題
 ゴミや迷惑駐車など、バサーのマナー問題が原因で釣り禁止となるフィールドが後を絶たないと聞きます。特に小さな溜池や野池では、立ち入るバサーが増えるとあっと言う間に荒れ果てると聞きます。
 通い慣れたフィールドが、ある日突然に「釣り禁止」になったら....あなたはどうしますか? いったいどういう気持ちになるでしょうか? そして「釣り禁止」となった理由が、仲間であるはずのバサーのマナー問題であったと知ったなら、あなたはいったいどう感じるでしょうか?
 しかし現実にはこういった現象が、日本全国のフィールドで日常茶飯事的に起こっているのです。

釣り場は釣り人自身で守るもの
 FB'sサイトのトップページ、冒頭文の中には、私たちの考える重要なキーワードである「地元とのコンセンサス取り」というものが書かれてあります。
その水域に関わる様々な立場の方々とバサーとの話し合いで得られた結果、その水域でバスを利用するのか、または排除するのかなどを決める....。バスが害魚が否かではなく、もしかするとそこにマナーを守らないバサーが多くいたならば、バス釣り自体が認められるのか、あるいは排除されるのか、といった議論がなされるのかもしれません。
釣り場は釣り人自身で守るもの。私たちFBユsはそう考えています。
バサーのマナー問題を解決することで、地元からバス釣り場として存続していく「コンセンサス」を得ることができるフィールドもきっとあるはずです。このサイトの冒頭文にあるような「ゾーニング(すみ分け)」などを考える以前に、もっともっと私たちバサー自身でできることはたくさんあうような気がします。
 
だからこそ私たちは53Pick Up! に参加しました。
 だからこそ私たちFB'sはもっと自分たちのホームレイクに目を向けるため、WBS(World Bass Society)の「53Pick Up!クリーンナップキャンペーン」に参加したのです。
 でもこれを行うことで直接何かを期待するのではなく、通い慣れたフィールドに感謝し、自然発生的に出てくる「気持ちよく釣りをしたいからゴミ拾いをしてみよう」という気持ちを大切にし、無理なく長く続けることが大切だと考えています。
 こういった活動を長く続けることで、いろんな方々との協同作業が増えるはずです。ゴミの回収には自治体の許可が必要になるでしょうし、ボート屋さんや漁協さん、観光関係者との連携も必要です。こういった継続した活動の中で、バスとバスフィッシングは地元に少しずつ認知されることでしょう。
 フィールドによっては、こうした活動を通してその水域に関わる様々な立場の方々との話し合いにおいて、初めて「同じ土俵に立てる」というところがきっとあると思います。

またしても熱きFB's長野メンバーからの報告です。
 FB'sのメンバーの中でもとにかく長野メンバーの情熱はすごいです。それは「千曲川レポート」を見ていただいても、「53Pick Up!」を県内5カ所行った事でも、長野公開討論会のレポートを見ていただいてもお解りいただけると思います。
 そんなFB's長野メンバーの一人、しばたさんから今年8月、ショッキングな連絡が入りました。
 小山田池という県内でも有名なバス釣り場が、バサーのマナー問題が原因で釣り禁止寸前の危機に瀕しているという情報でした。

長野バサーの登竜門「小山田池」
 小山田池は長野市郊外にある農業用の溜池です。市内から近いこと、またこの池を管理する小山田溜池水利組合が釣り人に対して寛大であり、バスを駆除する水域が多いバサーにとって厳しい環境下にある長野においても、堂々とバスフィッシングを楽しめる数少ない池です。そのため多くのバサーが通い、ビギナーにとっては登竜門的釣り場であるそうです。それだけに、この情報を聞いたFBユs長野メンバーのショックはとても大きなものでした。

なぜ釣り禁止警告措置にまで至ったのか

 柴田さんが久々に小山田池に釣りに行った8月のある日、小山田池の水門近くに、赤字で書かれた見慣れない看板を見つけました。(写真)
そこにはこんなことが書いてありました。

─急告─

池を利用している釣人の方にお伝えします。
最近ゴミを捨てる人が多く管理者が困っております。
尚、樋にまで手をつけており今後この様な事があれば釣の禁止を考えております。
禁止の予告はしません。

                    小山田溜池水利組合

※「桶」というのは、溜池の水を止める水栓のことです。

小山田池は先述のように、県内から多くのバサーが訪れる大変人気のある釣り場であると同時に、実は釣り人によるゴミが多いことでも有名な池です。
試しに検索サイトで小山田池について取り上げたサイトをご覧になってみてください。ほとんどのサイトに小山田池は、「ゴミが酷い」、「バサーのマナーが悪い」という記載があります。小山田池ではずっと以前から、釣り人のマナーの悪さについて問題視されていたのです。
 これに対して日釣振長野支部長野支部は、所属する地元釣具店数店と連係し、定期的な小山田池の清掃活動を行っていました。そしてこの池を管理する小山田溜池水利組合も含めた地元住民の方々も、定期的に小山田池の清掃を行っていたそうです。
 それでもいっこうにゴミが無くなることはありませんでした。
 こういった状況下で起こった「水抜き事件」でした。
農業用の溜池の水は、農家の方々にとっては重要な「資源」です。少し踏みとどまって考えれば、その先に起こりうる被害が想像できるはずです(小山田池では1200軒以上の方がこの水を利用しているそうです)。
でもそれができなかった…。
小山田池は田畑を抜けた山の上にあり、ここに繋がる道路は農道のみとなっています。小山田池に訪れる人は農作業をされる農家の方か、釣り人だけだそうです。従って、小山田池を知っている人ならほとんどの方がこの「水抜き事件」は釣り人の仕業だと思うはずです。(左の写真はその水栓です)
 これまで如何に寛大であった小山田溜池水利組合の方々も、これには堪忍袋の緒が切れました。ついに先のような看板が立てられ、釣り人に対し「釣り禁止」措置を警告されたのです。

FB's長野メンバーが立ち上がった
 このままではいけない…自分たちがバスフィッシングを覚えた思い出の池をみすみす釣り禁止にするわけにはいかない…
 そんな思いでFB's長野メンバーが立ち上がったのです。
 しばたさんと安武さんを中心に、日釣振長野県支部南信地区会員でもある真嶋さん、そして私たちFB's発起人が話し合い、まず以前から小山田池の清掃活動を行っていた日釣振長野支部と連携をとりながら対策を練ることにしました。
 FB'sの中で挙がった対策案は、
(1) 釣り人として小山田溜池水利組合の組合長さんに早急に謝罪に行き、今後の対策案について提案させていただく(謝罪文と提案書の作成)
(2) 釣り人側からも注意を喚起する看板を立てる(看板の作成)
(3) 早急まマナー改善と、この危機を長野のバサーに広く認知してもらうために清掃活動を行う(クリーンナップ作戦の企画)
 以上3点でした。
 真嶋さんから日釣振長野支部に連絡して頂き、ここから南信代表である伊藤さん(アウトドアステーションVAN VAN)と、FBユsしばたさん、安武さんの協同作業が始まりました。
 
日釣振長野支部との連携
 まず、(1)謝罪文と提案書の作成につきましては、FB'sしばたさん、安武さん、そしてFB's発起人で案を煮詰た後、伊藤さんにチェックして頂きました。日釣振長野支部も同様の趣旨で今後の対策を含めた謝罪文を作成しました。
「謝罪文」(FB's作成分,PDF形式,12K)
 と同時に安武さんは小山田池水利組合の中村組合長さんに電話で謝罪を申し入れ、状況を再確認(やはり水を抜くイタズラに対し、怒りを感じておられました)、今後の対策を書面にて持参する旨を伝え、まずは早急な対策として (2)看板の作成を申し入れ、面談の際に看板の文面の案を相談に伺うお約束しました。
看板の文面案についても、FB's柴田さん、安武さん、そして発起人で案を煮詰め、伊藤さんにチェックして頂きました。(この看板については最後にご紹介します)

小山田溜池水利組合、中村組合長さんとの面談
 そして9月18日、小山田池水利組合の中村組合長さんに謝罪文持参で面談し、看板の設置と、10月13日に行われる日釣振主催(FB's Society協力)の小山田池クリーン作戦の開催について打ち合わせさせて頂きました。それとともに、新たに私たちが考えた今後の対策についてご報告させて頂きました。
その今後の対策とは、
(1) 小山田池を訪れるバサーのマナー改善を図ることを目的に、定期的なクリーンアップ活動を行う。
(2) 釣り人みんなで小山田池の釣り場環境を守って行こうという意味を持つ、釣り人主体で作成するローカルルールを含めた釣り人のハンドブック、「小山田池マナーブック」の作成。
以上2点を提案させて頂きました。
※この「小山田池マナーブック」はFB's Societyで作成し、日釣振長野支部さんに製本化して頂く予定です。現在、長野のバサーのみなさんの意見を汲み取りながら、みんなに愛され、そして携帯して頂けるマナーブック作りを目指して鋭意制作中です。

その釣り場に合ったローカルルール作成の提案
 様々な目的で様々な人がそこを利用しているわけですから、小山田池に限らず、釣り場それぞれにあったルールがあって然るべきだと思います。そのルールは、釣り人がそのフィールドを利用して釣りをするわけですから、やはり釣り人が主体となって、そこを利用する様々な人々に配慮しながら作成するべきだと思うのです。
 この「小山田池マナーブック」が全国のバスフィールドのローカルルール作成のご参考になればと思います。
 全国の各バスフィールドで、様々な利用者への思いやりとバスフィッシングに対する愛情のこもったルールブックができたなら、そしてそれが多くのバサーに浸透したならば、きっとバサーに対する非難の目も和らぐような気がします。

小山田池クリーン作戦

10月13日、中村組合長さんにお約束したとおり、日本釣振興会の「全国一斉・釣り場清掃デー」にちなみ、日本釣振興会長野県支部と私たちFB's Societyの合同企画として「小山田池クリーン作戦」を開催させていただきました。
当日朝は雲一つない快晴で、48名もの参加者が集まり、小山田池の清掃を行いました。私、佐藤も関東から塚原さんとともに参加し、お手伝いさせて頂きました。安武さんやしばたさんから聞いていたとおり、ロケーション最高な野池にも関わらず、ゴミは多く散見されました。拾っていて一番感じたのは、どの釣り場でも多いタバコの吸い殻、続いて釣り糸が多かったことでした。タバコなどは気をつければ減らせるゴミ。釣り糸が多いのは、根がかりやライントラブルの多いビギナーが多いのかな、と思いました。こういった点は、今後の「小山田池マナーブック」作りに反映させていきたいと思います。
この日、釣り人のみなさんに釣り場のクリーンナップ活動に対する感想などをお聞きするアンケート調査に協力してもらいました(48名参加中34名が回答)。その内容についても少しご報告いたします。(中村組合長さんに提出したものをリンクします)
anketo.pdf(アンケート用紙,PDF形式,8KB)
oyamada_anketo1.pdf(アンケート集計1,PDF形式,196KB)
oyamada_anketo2.pdf(アンケート集計2,PDF形式,188KB)
oyamada_anketo3.pdf(アンケート集計3,PDF形式,188KB)
oyamada_anketo4.pdf(アンケート集計4,PDF形式,184KB)
oyamada_anketo5.pdf(アンケート集計5,PDF形式,192KB)
 報告書にありますように、ほとんどの参加者のみなさんが小山田池をなんとかしたい、自分にもできることは協力したいと感じておられ、マナー改善の必要性や、「小山田池マナーブック」の必要性についても感じていらっしゃいました。

中村組合長さんと再度面談 ―釣り禁止しにはしないよ―
先のアンケート集計と写真、告知チラシを添えたクリーン作戦の報告書、「小山田池マナーブック」の下地、そして私たちが設置させて頂く看板のサンプルを持参し、安武さん、しばたさん、日釣振・伊藤さんは、10月21日に中村組長さんのところを訪れました。先の資料を一通りファイルにまとめてお渡ししました。
中村組長さんはそれを微笑みながら受け取ってくださり、そして「釣り禁止しにはしないよ」とそっとおっしゃって下さいました。
その言葉の奥にはきっと、今、けっして釣り人のマナー改善は十分ではないけれども、きっと良くなるだろうという期待をかけて決めて頂いたお言葉だと思います。
そうです。これで終わりではありません。
中村組合長さんの期待を裏切らず、釣り人のマナーを改善していくのはこれからなのです。

看板設置
11月17日、ついに完成した看板を設置するため、しばたさんと安武さんは、伊藤さんとともに小山田池を訪れました。アクリルで作った立派な看板には、「バスフィッシングの未来を考える会 FB's Society」の名前が刻まれています。
中村組合長さんとともに、問題の起きた水門前にこれを設置して記念撮影。(冒頭の写真)
今日、この日が、これから小山田溜池水利組合さんのご厚意に恥じないように、バサーを含む釣り人みんながマナー改善を誓う記念日かもしれません。この知らせと写真を見た瞬間、身近に応援してきたしばたさんと安武さんの苦労を知っているだけに、言いしれぬ感動が私の胸に湧きました。
看板にはこんな文字が刻まれています。


バスとバスフィッシングの未来を担っているのは誰か?

ここまでに至るのに、しばたさんと安武さんや日釣振・伊藤さんの努力があるのはもちろんですが、小山田池クリーン作戦に来てくださったみなさん、小山田池クリーン作戦の呼びかけをしてくださったアウトドアステーションVANVAN、SUN's クラブ、プロショップCK、上州屋さんなど地元ショップのみなさん、NBCチャプターで熱く小山田池の問題について語ってくださった真嶋さん、そして掲示板やメール等で応援してくださったFB'sメンバーのみなさんの協力なしには成し得なかった成果だと思います。
バスとバスフィッシングを愛する多くのバサーが、このように連携しながら自分たちの釣り場環境を守っていけたなら…
地元のみなさんと同じ土俵で話し合える関係を作れたならノノ今よりもずっと明るい未来が待っているような気がします。
小山田池の事例は特別な話ではありません。ごくごく身近にある、バサーのマナー問題で釣り禁になりそうになった池なのです。
一人ではできないことも、みんなで協力しあえば、きっと大きな前進ができるはず。
FB's Societyがそんなバサーの連携の橋渡しができたらとても素晴らしいことだと思っています。そしてそうなりたいと思っています。
バスとバスフィッシングの未来を担っているのは、私たちバサー一人一人ではないでしょうか?

(レポート作成:佐藤 元章)

"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002