53PICK UP! 夏の陣 in 小山田池

2003年8月10日、小山田池では2回目となります「53PICK UP! 夏の陣 in 小山田池」が開催されました。
当日は心配されていた台風も過ぎ、晴天の下、暑くそして熱い53拾いとなりました!

今回は真夏の暑い時期の開催と言うこともあり、朝の涼しい時間を選び、午前7:00〜10:00に行いました。
参加人数は17名。
元気一杯!の中学生バサーに、若さ&元気を触発されたおじさんバサー達もヤル気倍増です!

農業用貯水池である小山田池は田畑を潤す為、例年この時期には平常満水時より約2m程水位が下がるので、普段は見えないゴミや手の届かないゴミが回収できる53拾いには、格好のチャンスの時でもあります。

小山田池は南側の護岸エリア以外はオーバーハングやブッシュが生い茂るワイルドなフィールドです。
こういった目に見えるカバーも多いのですが、水中(底)には倒木、大小の枝、ゴロタ等も多く、根掛かり易いフィールドでもあるのです。
みなさん根掛かりルアー&ラインの回収には相当苦労された様子でした。
今回もSUN'S CLUBさんにボートを出してもらい、水上からもゴミを回収して頂きましたが、こちらもゴミ袋の中はルアーやラインでいっぱいでした。

◆ボートを使ったゴミ回収も行いました   ◆汗をかいた後のジュースはうんまい!

今回も回収されたゴミを見てみると、容積的(重量的)には少ないものの、根掛かりルアー&ライン、空き缶&ペットボトル、弁当の容器、など釣り人が出したと思われるゴミが残念ながら多く見られました。
小山田池が「根掛かり易いフィールド」という理由もありますが、「バス釣りの登竜門的フィールド」という事から、ビギナーが多く根掛かりに対する対策、対処法に不慣れなところがあるのも原因の一つと考えられるかもしれません。
現に根掛かったルアーに手元で切ったと思われる長いラインが付いている物が多く見られました。
ゴミ拾いを通じてこの辺の対処法等も知って頂ければと思いました。

ゴミ拾いの後は、お弁当と飲み物で一服してもらい、皆さんお待ちかねの「協賛品争奪ビンゴ大会」を行いました。
ビンゴ開始一発目の番号は、なんと!53番!。なんか上手く出来すぎでビックリです!。
リーチは掛かれどなかなかビンゴが出来ない人あり、目当ての賞品を取られて叫ぶ人ありで、とっても盛り上がりました!
有難い事に予想以上に協賛品が多く、ビンゴ大会だけでは捌ききれなかったのでジャンケン大会も行いました。
ここで大活躍したのが中学生バサーの二人!
早くもご利益が出たのでしょうか、凄まじい強運で次々に賞品をGETして行きました!
お次はオークション大会です。
CK SHOPさんから頂いた激レアルアーに会場は益々ヒートアップ!セリ値を叫ぶ声も迫力倍増!
オークションの売上金は長野県の釣り場環境保全のために使わせていただきます。

フィールドも綺麗になり、協賛品を沢山手にして満足して頂いたところで、最後に回収したゴミと一緒に記念撮影をし、53PICK UP! を終了しました。

ゴミの処理は今回もアウトドア・ステーションVANVANさんが一手に引き受けてくれました。

最後になりましたが、協賛してくださったアウトドア・ステーションVANVAN様、SUN'S CLUB様、CK SHOP様、らんかぁ倶楽部様、霞ヶ浦のロコ・スポーツフィッシング様、SHIMANO様、がまかつ様、SMITH様、(順不同)沢山の協賛品、そしてご協力ありがとうございました!
ご後援くださった、小山田溜池水利組合様、日本釣振興会長野県支部様、大変お世話になりました!
ありがとうございました!
運営を手伝ってくださった、FB'sメンバーの皆様、助かりました!
ありがとうございました!
暑い中参加してくださった参加者の皆様、お疲れ様でした!
ありがとうございました!
そして、素晴らしい機会を下さったW.B.S様、本当にありがとうございました!

釣りもマナーも楽しみながら学べる「53PICK UP!」。
釣りの基本も、マナーの基本も小山田池から!!
次回はどんな事が学べるかな?お楽しみに!

報告者:FB's Society長野メンバー 柴田幸広



<参加者の感想>
中学生バサーの中島君の感想文です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回53pick up in小山田池に参加しました。
53pick upに参加するのは初めてで、
小山田池の関係者の方々や小山田池に感謝して
一生懸命ゴミ拾いをしました。
ゴミ拾いをしていて思ったことは
前よりゴミが減ったと思いました。
それでもラインやワーム、ペットボトルやビニールの
紙くずがたくさん落ちていました。
小山田池が綺麗になるように、
次回の53pick upも是非参加したいです。
ゴミ拾いの後のイベントもとても楽しかったです。
みなさんありがとうございました。

                中島嘉紀
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<協賛>
アウトドア・ステーションVANVAN
がまかつ
SUN'S CLUB
CK SHOP
SHIMANO
SMITH
らんかぁ倶楽部
ロコ・スポーツフィッシング
W.B.S(World Bass Society)

<後援>
小山田溜池水利組合
日本釣振興会長野県支部

(五十音順)


"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002