2001年2月24日(土)
「ブラックバスを考える〜21世紀の水辺環境と釣りのありかた〜」
公開討論会

2001年2月24日(土)、立教大学池袋キャンパスにおきまして、「ブラックバスを考える〜21世紀の水辺環境と釣りのありかた〜」と題した公開討論会が行われました。これは生物多様性研究会(当時代表、秋月岩魚、以下生多研)から、「公認バス釣り場増設のための100万人署名運動」を主導する日本釣振興会(以下、日釣振)に、バス擁護派の代表として申し入れがあって実現したものです(会の主催は立教大学スポーツ健康科教育研究室、および日釣振と生多研です)。バス駆除を訴える人々と、バスを擁護する人々が討論するそれまで例のなかった初めての討論会となった本会は、ある意味バス問題に転機を与えた歴史的な討論会だったと言えるのではないでしょうか。
 当日来場された人数は当初の予想を遙かに上回り、主催者発表で1200人。予定された会場だけでは入りきらず、TVモニターと音声モニターが設置された会場を増設、それでもロビーで立ち見が出た程でした。そして私の見た感じでは、その内訳はバサーなど容認派と呼ばれる立場の方が圧倒的に多く、7,8割ぐらいがその立場の方ではなかったかと思います。それほど、バス問題について関心が高いの現れであり、数年前では考えられないほどバサーの間でもこの問題を真剣に考える人が急増したということことでしょう。
コーディネーターは天野礼子氏と瀬能宏氏のお二人です。天野さんは日釣振側、瀬能さんは生多研側の立場からのご出席です。パネリストは、日釣振側は清水國明氏、高宮俊諦氏、水口憲哉氏が出席。生多研側は秋月岩魚氏、かくまつとむ氏、中井克樹氏が出席されました。各々の略歴についてご紹介します。

●コーディネーター
天野礼子(あまの・れいこ)
1953年生まれ。
アウトドア・ライター
同志社大学文学部卒業。著者に『川は生きているか』など。
「長良川河口堰建設に反対する会」事務局長、
「公共事業チェックを求めるNGOの会」代表。

 

 

瀬能宏(せのう・ひろし)
1958年生まれ。
神奈川県立生命の星地球博物館主任研究員
日本魚類学会評議員。
環境庁絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価
検討委員、環境庁希少野生動植物種保存推進員、
建設省河川水辺の国勢調査スクリーニンググループ委員などを務める。

 



●パネリスト
清水國明(しみず・くにあき)
1950年生まれ。
タレント/自然暮らしの会代表
テレビ等への出演の他、新聞・雑誌への執筆や著作。
「人間の介在あって共生する自然が理想」を掲げ、
積極的な体感優先の野外活動を展開。
林野庁「中央森林審議会」専門調査委員。

 

高宮俊諦(たかみや・としあき)
1947年生まれ。
財団法人・日本釣振興会常務理事
(株)タカミヤ代表取締役社長。
北九州市海釣り公園設置推進協議会会長、
柴川にアユを呼び戻す会会長、
タカミヤリバー環境保護財団理事長などの公職を兼務し
環境保護等の活動を通じ健全な釣り振興に寄与。


水口憲哉(みずぐち・けんや)
1941年生まれ。
東京水産大学助教授 農学博士。
専攻は人と水と魚の関係学。
開発と闘う漁民たちの求めに応じ活動に参加、
著書に『釣りと魚の科学』など。
日本自然保護協会河川問題調査特別委員会委員。
自宅に資源維持研究所を開設。


秋月岩魚(あきづき・いわな)
1947年生まれ。
写真家
写真家として釣り雑誌に関わるうちに
バスの在来生態系への危険性とバス釣りの構造的問題に疑問を感じ、
99年秋『ブラックバスがメダカを食う』を刊行、
外来魚(バス)問題を社会に提起した。
生物多様性研究会代表。


かくまつとむ(鹿熊勤)
1960年生まれ。
ネイチャ−・ジャーナリスト
釣り雑誌編集者を経てフリー。
アウトドア誌『B-PAL』などで環境問題、自然教育、
余暇文化のルポやインタビューを発表しつつ、
外来魚利用のあり方を問う草の根活動を展開。
著書に『竿をかついで日本を歩く』など。



中井克樹(なかい・かつき)
1961年生まれ。
滋賀県立琵琶湖博物館主任研究員
京都大学大学院理学研究科(動物学専攻)/理学博士。
90年から琵琶湖でオオクチバスの繁殖活動の潜水調査を行うなかで
バス釣りブームのあり方に疑問を抱き各所で問題提起を行う。
著書に『淡水生物の保全生態学〜復元生態学に向けて』(共著)など。





 討論は大きく分けて2つのテーマで行われました。一つは「生物多様性と外来魚について」。もう一つは「21世紀の釣りのあるべき方向性」というテーマです。会の進行に従って、内容をご報告していきましょう。
この討論会の内容をできる限り客観的にご報告したいと考え、発言された方々の言葉や表現をできるだけ忠実に録音テープから拾い上げ、可能な限り口語体でお伝えいたします。

1.開会挨拶
立教大学の方から公開討論会の開催にあたって、この会の主旨、開催に至った背景などについて立教大学の濁川氏よりお話がありました。
昨年の4月、同じくこの立教大学で、「ブラックバス問題について考える」(※1)というシンポジウムが行われました。このシンポジウムの目的は「ブラックバス問題の認知」と「問題自体の社会的認知」、つまりこの問題自身に市民権を与えるためでした。その結果、最近の新聞報道などを見ると、このブラックバス問題はある程度社会に広く認知されたのではないか、そしてそれが何より今日のこの会場が、これだけ多くの人にお集まりいただいたことにも表れているのではないかとおっしゃっていました。しかし一方では、社会的に「ブラックバス問題」の関心が高まり、マスコミ報道、各地のシンポジウムを見て、「一方的にブラックバスが糾弾されている」、「世間の見方あるいは報道のやり方が一方的ではないか」という意見も高まってきました。そこで今回、なんとかお互いに意見を直接ぶつけ合って、「すれ違い」や「妙な誤解」を解消して、今後進むべき方向や問題解決の糸口をみつけていきたいと、挨拶されました。

2.パネラー各自発信討論
 討論に先立ちまして、各パネラーに自己紹介と、この問題に対するスタンスなどをお話いただきました。
清水國明氏:今日は一人の「釣り人」として参加されたこと、また日頃なぜそのような事が議論されるのか不思議な事が多く、今日、秋月岩魚氏らと直接議論できることを楽しみにしていると話された後、氏のバスに対する考え、「良い魚」であり「有益な魚」であること、またバスフィッシングについては「青少年の健全育成に役立つバスフィッシング」「自然を知る、体験するためのアウトドアスポーツの最たるもの」であると、氏のお考えをお話されました。そして、そのバスフィッシングを目の前から奪い去ろうとするバス害魚論などについては、強い憤りを感じており、バスフィッシングが「反社会的行為」、バサーは「犯罪者」であるという考え、あるいは「言葉(表現)」については、個人の名誉を掛けて断固として戦いたいと考えているとお話されました(※2)。

高宮俊諦氏:日釣振はバスだけではなく幅広い釣りを対象に活動しており、今日はバスフィッシングの「社会的意義」をお伝えしに来たとお話されました。また18世紀以降、人間が犯してきた過ちを、この21世紀にどれだけ精算できるかが今後重要な課題であり、その観点からしても「全面駆除」、「特殊な細菌による駆除」にたいしては大変疑問を持っているし、正しいバスフィッシングのメリット、「青少年・あるいは市民に与える好影響 」など、あるいはスポーツ振興法に基づいた正しい釣りのあり方についてもきちんとみなさんにお伝えしたいと、述べられました。

水口憲哉氏:今日は日釣振側の一人では無く、あくまで一個人としてこの討論会に参加しているということ、氏の今までのメディアでのブラックバスに対する発言には責任をもって今日、この場でお答えしたいとお話しされました。具体的には、琵琶湖の漁獲量減少に対する根拠のないブラックバス批判を学術的な視点で正すということ、またバス釣りをする子供たちを犯罪者扱いすることに対しても怒りを感じており、「少年達が作る少年達のためのバスポンド作り 」を応援することが、我々大人の責任であるということを論じて行きたいと、お話されました。

秋月岩魚氏:先の3人の発言は「幼稚だ 」と一蹴しただけで、氏の考えはこれからの討論の中に盛り込んでいきたいとお話されました。

かくまつとむ氏:80年代、バスがブームとなり盛り上がった時代に、釣り専門誌で仕事をし、業界の内部構造については良く知っている。その後、フリーになって取材をしながら水辺を見てきて、「業界側から見た自然 」と「フリーになってから見た自然 」とでは見え方が違ってきた。そこで外来魚について問題意識を持ち、いろんな提議活動を行ってきたとお話しされ、生多研はたかだか30人ぐらいの組織であるが、今日、こうして多くの方が集まられたということは、今まで我々がやって来たことは間違いではなかった(会場にはいろんな立場の方が来られているとは思いますが)と思う。今日はバスに限らず、生物多様性の問題についていろんなお話をしていきたいとお話されました。

中井克樹氏:水口氏同様、今日は生多研の代表ではなく、一研究者として発言していくと、まず冒頭で話されました。例えば日釣振の今日の資料にもあるように「バスの放流はもうやめよう」と言う点で同意はできているとしながら、しかし「現実はどうか? 」と疑問を投げかけられました。未だ東北を中心にオオクチバス、コクチバスが増え続ける中、「駆除はできない。だから(今いるバスを)積極的に利用しよう」と考えているバス側に疑問があり、密放流だけで拡大されたとは言い切れないが(難しいが)、「そこにいるから釣って良い」という考え方の是非を、今日は問いたいとお話されていました。

 各人、このように長く考えを述べられ、秋月氏のここで「幼稚だ 」という発言などを正すがごとく、司会の立教大学濁川氏から再度、「お互いのお話にまずは耳を傾けて頂き、言葉は悪いが妥協点を見つける、また歩み寄りを求めていって頂きたい。」と提言がなされました。

"The Future of Bassing" presented by FB's Society / since May 21, 2002